銀行カードローン融資と消費者金融キャッシングの違い おすすめは

銀行カードローン融資と消費者金融キャッシングの違い おすすめは

 

金利の差は、銀行の融資と、消費者金融会社のキャッシングでは際立っています。銀行からの融資と比べると、消費者金融会社の金利のほうが、金利は高くなっています。銀行の融資とキャッシングはお金を借りるという点では同じですが、大きく異なることもたくさんあります。

 

使途を明確にした上でなければ、銀行では融資を受けることができません。銀行が融資をする時には、まず、何のためのお金なのかをはっきりさせて、家なら買いたい家をはっきりさせて、そのための融資をしています。そのため、銀行から融資を受ける場合、借りたお金を何に使うかはっきりさせることと、借り入れた本人の資産を審査によって確認して、融資を決めます。

 

銀行の審査では、担保や保証人について調べたり、借り入れ金額が妥当かどうかの判断を下す必要もあり、必ずしも審査に通るわけではありません。消費者金融会社の審査と比べると、銀行の審査は申込み者の資産についてなど詳しいところまで確認した上で結論を出しますので、その分、審査に手間がかかります。一方、キャッシングは銀行融資の審査と比べると条件は厳しくなく、借りたお金の使途も自由なのが最大の特徴です。

 

使い道に制限がないので、キャッシングをフリーローンと表現することもあります。借り入れの時に金利が高めであることが、消費者金融会社のキャッシングの特徴です。キャッシングは、審査にあまり時間をかけないので、借りたものの返せなくなる人が多く、リスク回避のための高金利です。

銀行のキャッシングによる融資について

 

近年では、キャッシングサービスを扱っている銀行も多くなってきているようです。消費者金融でのキャッシングをする人もたくさんいると思いますが、サービス競争が激しくなるにつれて、利用者にとっては大変ありがたい状況になっています。

 

消費者金融はサービスが充実してきており、以前は窓口で行われていた手続きも、インターネットでキャッシングをすることができるようになりました。キャッシングの申込みでは、身分証明書も提示しなければなりませんが、最近はスマホのカメラ機能もいいものになっていて、写真画像で十分です。実店舗に行ってやり取りをする必要は全くなく、申込み後の審査結果はメールなどで送られてきますし、以後のやり取りもATMやネットでできます。キャッシングの利用は、便利さを追求しているところは大手企業が多いですが、ネットが普及したことで、飛躍的に使いやすくなってきています。

 

キャッシング会社の中には、多くの顧客を取り込むために、初回に限って無利息で融資を行うなどのサービスをしています。借り入れをした当初は利息がかからない為、比較的気軽にキャッシングを利用できるようになっており、利用者の増加にもつながっています。銀行も通常の融資に加えて、キャッシングのサービスをするようになっています。銀行がキャッシングをする事情として、高金利の融資ができるので収益が見込めることがあります。

 

地方の銀行も、キャッシングを始めています。銀行のローンは低金利なので、金をきちんと回収できても、儲けが得にくいというネックがあります。銀行から見れば、金利を高くできるキャッシングを手がけない手はありません。キャッシングは、銀行からの融資でも、消費者金融からの融資でも、それで決定的に異なるということはありません。無理のない範囲で借りて、確実に返済をしていきましょう。

 

フリーローンはどんな使い方もできる自由なローン

 

多くの金融会社が、フリーローンでの融資をしています。個人を対象とした融資であるフリーローンは、保証人や、担保を必要とせず、個人の信用を担保に融資を受けることが可能です。フリーローンは、借りたお金の用途が定まっていません。

 

そのため、家計を補填したり、ローンの借り換えをしたり、遊興費なども使えます。借り直したり、返済途中でさらに借りたりという融資ができないことも、フリーローンのポイントです。毎月の銀行口座から引き落とされるので返済しやすいのもメリットのひとつです。

 

銀行からの融資は、他の金融機関に比べても金利が低めです。フリーローンを銀行から借りようとする時の注意点は、銀行の審査は難しいので、審査の段階でNGが出る可能性があることです。銀行のフリーローンでは、勤務先の会社や、その会社で何年働いているのか、収入はどのくらいかなどが、詳細に検討されます。

 

この他、インターネット銀行や、地の銀行でも、フリーローンの融資を受けることができます。インターネット銀行の利点は申込みやすさで、地方銀行は大手銀行と変わらない金利で融資可能です。その場所に住んでいるか、会社がその地域にあれば、地方銀行の融資が受けられることがあります。

 

口座を開いていたり、給与の振り込み先に指定してあれば、収入が高くなくても、融資可能な場合もあります。

 

大手銀行で借り入れを行う際に条件面で折り合いがつかない場合にはこちらも検討してみましょう。融資を受けた後は、完済するまてお金を返すだけという仕組みになっているため、追加で融資ができるカードローンと違って、フリーローンの審査はOKが出やすいともいいますが、収入面や、ローンの返済履歴によっては、断られる可能性もあります。

 

フリーローンのメリットとデメリットについて

フリーローンを利用する時には、利点だけでなく、注意点や、発生しやすい問題について知っておくことで、より使いやすくなります。カードローンはフリーローンとほぼ同じですが、異なることもあります。利用限度額以下ならぱ、繰り返し融資を受けることができることが、カードローンを使う時の便利なところです。

 

その点、フリーローンの融資と返済はそれぞれ一回きりのもので、次の融資はまた別のものにして扱うことになります。使い勝手の面からいえば、フリーローンのほうがカードローンより不便そうにも見えますが、借りたお金を毎回きちんと返すという点から見れば、フリーローンのほうが明確です。

 

日頃から家計のやりくりが難しく、次の入金日までキャッシングでしのぎたいという人は、フリーローンのような追加融資ができない金融商品は、都合が悪いこともあります。同じ金融会社のフリーローンと、カードローンの貸付条件を比較すると、カードローンのほうが金利は高く設定されていることが多いようです。

 

また、融資を受ける時には申込み内容に基づく審査がありますが、審査の内容はフリーローンのほうがハードルが低めです。

 

フリーローンを希望する人は、借りたお金を返しきることを想定しているため、信用があると見なされます。

 

フリーローンは、安い利息でお金を借りたいという人や、追加の融資を受ける予定がない人が、キャッシングを利用する時に向いているものです。カードローンと違って、フリーローンは即日融資のサービスがないことが多いので、すぐにお金を借りたい場合はカードローンがおすすめです。現金調達が早ければ早いほどいい場合は、フリーローンに申し込むと融資まで1週間ほどかかることがありますので、要注意です。